京都・奈良の文化を楽しむ|マンスリーマンションで快適に過ごせる|住まい選びで成功掴む
ガイダンス

マンスリーマンションで快適に過ごせる|住まい選びで成功掴む

京都・奈良の文化を楽しむ

部屋

注目される都市

京都府の南部に位置する木津川市は、奈良県と接している風光明媚な地域です。昭和40年代、50年代の大阪の発展に伴い大阪中心部人口が集中しました。その後、ドーナツ化現象と呼ばれる郊外への不動産がニュータウンとして生まれ、中心部周辺の人口が増えた時期がありました。当時は、鉄道が電化もされていない田舎の地方であるとの印象が大阪府民にありましたが、現在は、さらに周辺に人口が増える状況にあります。京都府では、このような新しいニュータウンとして、木津川市は注目されています。付近に関西文化学術研究都市や同志社大学のような文化施設もあり、少子高齢化の時代となっていますが、人口が増えている状況にあるので、不動産としては、人気があると考えていいです。

ニュータウンにふさわしい

確かに木津川市には、まだまだ、田園風景が広がりますが、調べてみるとJR木津駅から京都駅まで37分と意外に近いことが分かります。大阪駅は、生駒山脈を迂回するためか大阪駅まで1時間5分でした。やはり京都駅周辺に勤務地である人向けにふさわしいニュータウンであることがわかります。また、大阪まで1時間少々であれば、十分、通勤圏です。京都市内から少し離れますが、不動産の価格やマンションの家賃も安く、少し調べてみれば、京都市内より安くて広い不動産に住めそうです。加えて、京都市内の南部には、工場、倉庫、商業圏と住宅地が混在しているような地域がありますが、このような地域を好まない場合、高度成長期に田舎であった木津川市域なので、計画に宅地造成されているので、今後もそのようなことはありません。京都と奈良の歴史と文化を楽しむために住みたい人には、うってつけです。