敷金は必要か不要か|マンスリーマンションで快適に過ごせる|住まい選びで成功掴む
ガイダンス

マンスリーマンションで快適に過ごせる|住まい選びで成功掴む

敷金は必要か不要か

インテリア

敷金が無いデメリット

マンションやアパートを借りる際にほとんどの物件には敷金が設けられています。基本敷金はその物件を引っ越す際にある程度は戻ってきますが、場合によっては全額戻ってきません。理由として、長年その物件に住んでいると壁紙や水回り・床などが汚れたり傷ついてしまったりして新たに住居人を募集する際にリフォームする必要があるのでその修繕費に充てられるからです。なので、敷金なし物件を借りた場合、借りる時は出費を抑える事はできますが引っ越しする時に場合によっては修繕費が余計な出費になる可能性があります。敷金なし物件は場合によってはとても魅力的な内容です。物件を借りる際はメリットとデメリットを考えながら借りる必要があるかもしれません。

敷金不要でも大丈夫です

敷金なし物件は初期費用を抑える事が可能なので、安く物件を借りたい場合はとても重宝します。ただ引っ越す際に余計な出費をする場合もあります。余計な出費を少しでも抑える為にはつね日頃の努力が必要になります。壁紙については煙草を吸わない人はさほど問題ないですが、煙草を吸う人は壁紙がヤニで汚れてしまうのでベランダで吸うか換気扇をフル活動して吸うなどの努力が必要になります。床や壁の汚れや傷などについては少しであれば100均で修繕道具が売っていますのでそれで修繕するのが効果的です。敷金なし物件でもそうですが、引っ越しをする際に業者との立ち合いがあります。その時点で修繕が必要かをチェックしますので少しでも手をかけていると修繕費用が安くなったり一切費用が掛からない事もあります。