負担を軽減するために

    自宅で介護を行うことができる方も、毎日のこととなれば大きな負担になってしまいます。負担を軽減するためにも、福祉...

    Readmore

    穏やかな生活を提供する

     高齢化社会が深刻な問題となっている現代では、高齢化率の上昇と共に介護の問題も深刻になっています。身内の世話の...

    Readmore

    大きな助けになる

    少子高齢化を迎えた日本では、老人介護に関するニュースも増えています。現在に至るまでには、老人ホームなどでも様々...

    Readmore

    なくてはならないもの

    介護や老人ホームにおける福祉車両の利用については、今後もその活躍が期待されています。高齢化社会においては、なく...

    Readmore

少子高齢化が進む中で

病室のベッドで起き上がる男性

少子高齢化が急速に進む現在の日本において、介護関連の事業が注目を集めていると言っても過言ではありません。
介護関係の事業というと、老人ホームなどの施設の運営や、福祉現場における仕事の従事などが代表的なものとして挙げることが出来ます。
また、あらたに独立開業をこの分野で行うと言う人も増えています。
その一つの業種として、福祉車両を用いた介護事業を挙げることが出来ます。
これは、車椅子やストレッチャーなどを搭載することが可能となっている福祉車両を用いて、老人ホームや病院などをはじめとする、様々な場所へ送迎を行うと言うサービスになります。
お客を乗せて料金を頂くと言う形となるため、いわゆる「二種免許」が必要となりますが、逆に言えば二種免許を取得することにより、開業することが可能となると言えます。
また、福祉車両を用いたこのような事業を行うために、介護福祉士や旧ホームヘルパーとしてよく知られる介護職員初任者研修などと言った、福祉関係の資格も取得するケースが多くなっています。
このような車両を用いた業務では、高齢者を中心とした、老人ホームなどの福祉施設や医療施設などの送迎、と言ったものが主なものと考えがちです。
しかし、怪我などで車椅子を利用している人の送迎なども業務範囲となります。
この他にも、身体の不自由な方の旅行の際の移動手段とちょっとしたお手伝いなども行うケースがあります。
福祉車両を導入する場合ですが、大きくは「購入かリース」の二つに分かれます。
それぞれメリットがありますが、購入の場合は車両が資産として手元に残ることになります。
これに対してリースの場合は、期限を迎えると車両は業者に戻ることになります。
しかし、自動車税や車検と言ったメンテナンスに掛かる費用が不要となる点が、大きなメリットとして挙げることが出来ます。
その為、事業が軌道に乗るまではリースを利用すると言うケースを、多く見受けることが出来ます。

オススメリンク

負担を軽減するために

自宅で介護を行うことができる方も、毎日のこととなれば大きな負担になってしまいます。
負担を軽減するためにも、福祉車両の購入を検討する事が重要になるのです。
福祉車両の展示会や販売店も増えているので、必要に応じた車両を見…Read more

穏やかな生活を提供する

 高齢化社会が深刻な問題となっている現代では、高齢化率の上昇と共に介護の問題も深刻になっています。
身内の世話の為に仕事を休職する人も増えているので、社会にとっても労働力が不足し生産性が低下するという悪循環にもなりかねません。…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031